虫歯の原因は?知らない時は歯医者に相談を ~前編~

みなさん、虫歯になる原因ってご存知ですか?大人の方でも、単純に歯磨きをしていない、甘いものばかり食べているからなどの漠然とした原因しか知らない方が多いことでしょう。
そこで、今回は虫歯ができる原因と日常生活での大切なことを前編と後編に分けてお教えしたいと思います。
まず、口の中には多くの菌が存在しています。
その中で、「ミュータンス菌」と呼ばれる虫歯菌が食事の糖を取り込むことで、酸を出しています。
この酸こそが歯を溶かす(脱灰)原因となっており、これが続くことで虫歯になってしまいます。
しかし、人間の細胞も黙ってはいません。
口の中には唾液があり、この唾液がミュータンス菌が出した酸を中和させ、歯を修復する役割を持っています。
このように酸が出ても唾液が歯を修復するというバランスが取れている状態であれば虫歯になる可能性は低いでしょう。
逆にこのバランスが取れていない状態だと酸が増え続け、結果、歯が溶けて虫歯になってしまいます。
これが、一般的に虫歯になると言われている原因です。
後編ではその酸と唾液のバランスをどのように取ればいいのか、また歯医者さんに相談してみることをお教えします。